学生が住みやすい賃貸条件|住みやすい賃貸を見つける一番良い条件とは

学生の賃貸選びで注意する必要があること

保護者の確認が必要

まず学生の賃貸選びで重要なのは、保護者の許可を得ることです。学生が賃貸を契約するためには、連帯保証人のサインが必要になるところが大半であり、またその連帯保証人として認められる大半が保護者に限定されているためです。そのため、一人暮らしを始めるときは、保護者に納得してもらえる物件を選ぶことが必要です。

通学や買い物などの利便性

学生の部屋探しで重要なことは、通学や買い物など、生活圏の移動距離を考えることです。大した距離ではないと思っていても、毎日通うことになるところは、意外に大きな負担になりやすいものなのです。そのため最低でも通学、買い物、アルバイト先などの条件は考慮してから、物件を選ぶ必要があるのです。

入居費用が丁度よい

つぎに物件を選ぶ基準として、やはり入居費用が大きいポイントになります。一見家賃が安いように見えても、敷金・礼金や不動産への仲介料などがかかることで、思っているよりも大きな金額になりがちです。そのため、これらを総合的に判断して決めることも必要です。

家具や設備などの有無

一人暮らしでは、家具などの有無も大きなポイントです。クローゼットやベッドなどの大きな家具は、新しく買うのはもちろんのこと、実家から持ってくるのも一苦労です。さらに防犯設備などはいちいち買いそろえるのは大変です。そのため、初めての一人暮らしでは、家具がある程度そろっている物件を選ぶと良いのです。

学生が住みやすい賃貸条件

女性とマンション

部屋探しはまずサイトで探してみるべき

大学進学などで、これまで住んでいた地域を離れる場合、最初からその周辺へ行って物件を探すのは、費用や時間などの問題から止めておいた方が無難です。そういうときは、まず学生向け賃貸紹介サイトを利用して、部屋探しを始めるべきです。学生向けの賃貸サイトでは、部屋の間取りだけではなく学校への距離や、周辺の施設などの情報も豊富に掲載しているので、部屋探しを始める時に参考になるのです。

部屋探しを始める時期

学生の部屋探しでは、始める時期についても考えておくべきです。なぜなら、学校の周辺では同じように新入生が一斉に部屋探しを始めるからです。そのため、入学が決定したら、一日でも早く部屋探しを始めるべきです。良い部屋が見つかっても、すでに入居予定者でいっぱいでは悔しい思いをするだけです。少しでも早く動けば、それだけ住みやすい条件の良い部屋を選ぶことができるのです。

入居費用は生活費から考えよう

部屋探しでは家賃の額だけではなく、生活全体にかかるコストを考えることが必要です。例えば、家賃が安くても通学にかかる電車賃が高かったり、近くにスーパーマーケットや学生向けの安い飲食店がなかったりすれば、余計な出費が増えてしまいます。そのため学生の部屋探しでは、その地域の学生の入居事情に通じた不動産会社と条件を話し合って決めることが必要になります。

広告募集中